o blog que escrevo em português é Vida da uma japonesa

2016-04-24

4月の着物デーは

自撮り研究中。
さて、4月の着物デーは、夫と博物館です。そもそも、博物館のチケットをいただいたので、それならば、ハイアットでランチしましょうってことになって、着物プランで行ってきました。着物を着ていくと、一人分無料になるんです。(要予約)
久しぶりに行ったんですが、お値段が若干値上がりした?
前菜のバイキングはどれもおいしそうでした。
でも、パンが・・・・・。パンって丸いのを一個テーブルにくれたよね。前回の記事⇒
あの激ウマのパンがないなんてorz。
久々のorzだわ。
そりゃね、パンは普通においしかったけどね、普通にね。
飲物は、サイトメガロがまだ完治していないので、ぶどうジュース。夫はスパークリングワイン。
スープがバイキングではなく、デフォルトになっていました。
そして、メイン。ステーキ。バイキングが食べられなくなるので、どれが一番小さいか、を吟味して、肉は高級だから小さいだろうと思ったんだけど、予想外に大きかった。
き・・きったないなぁ。うまく盛り付けできなくてすみません。
っていうか、盛りすぎ?これに、コーヒーがついてます。おいしかったけど、やりすぎた。
食後は、向かいにある博物館へ禅を見に行きました。
チケットを見せて中に入ると・・・
セキュリティチェック。物騒な世の中になりましたねぇ。
禅、面白かったですよ。達磨さんしかわからなかったけど。お経や、経典などの展示、中国語をしゃべる人たちが何か言いながら見てたのが興味深かった。漢字ばかりだし、わかるのかな。わたしにはさっぱりわかんないけど。
ちなみに、説明は、日本語と英語表示していました。
あ、着物は、胴抜きにしてあった紬。それにこの帯です。両方とも祖母のもの。紬、初めて着たけど、固いので、ピシッとなるし、絹なので、裾払いが良くて着やすかった。これ、もらおう。
博物館から京都駅まで歩きました。途中ミニストップで休憩。だってどこも多いんだもん。
人ごみを避けて、そそくさと帰ったのでした。

0 件のコメント: