o blog que escrevo em português é Vida da uma japonesa

2009-03-29

わらびのアク抜き(備忘録)A nota por mim

先週末、着物でお出掛けに全体力を注いでいた時、夫の実家から電話がありました。

「玄米と野菜、送ったよ」

届いた野菜はこちら! わぉ!おいしそう。ありがとうございます!





そして、こちらも。。。あぁぁぁぁぁ~~~



新婚の頃、義母から送られてきたわらびのあく抜きに失敗し、茶色の液体にしてしまった私。。。
そもそも山菜はあまり好きではなく(嫌いってわけでもないんだけど)もう、送ってこないで!っとの念が通じたのか、以来送ってこなかったのですが。。。


わらびのアク抜き (次回の対策・備忘録)
我が家で一番大きいパスタ用の大なべにたっぷり水を沸かします。
わらびの切り口を少し切りました。切口に重曹をまぶしてお湯に浸すというやり方もネットで見たので、(出掛けてたから灰汁ぬきするのが遅くなった)茶色かったからというのもあるけど、わざと切ってみました。


お湯が沸騰したら重曹を大さじ1弱(入れすぎると取り返しがつかないらしいので、びくびくです)を入れてすぐにわらびを入れます。10秒して、火を止めました。



このまま5時間ほど置きました。けっこうやわらかい。重曹入れすぎか?それとも放置しすぎか?
触ってやわらかかったから、水を何回か変えて、わらびを洗い、水につけて一晩。朝、水をかえてから水につけたまま冷蔵庫へ入れる。(噛んでみて、苦かったら、夜もう一度湯を沸かし、さっとゆがくつもりだったけど、全然大丈夫だった。(再度湯がく場合は冷水に浸す))



さっといためてしょうゆを絡ませたものと、厚揚げと一緒に煮浸しにしました。すでにかなりやわらかいので、あまり煮込むことはできませんでした。ささっとね。


つくしのほうは、すでに液化し始めていた(?!)ので、一晩水につけたあと、悪いところを取り除いて、いため煮にしたら、こんなに少なくなっちゃいました。


でも、とにかく、全部捨てることにならなくてよかったです。





5 件のコメント:

GIRAS+SOL さんのコメント...

体に良さそうな食事ができあがりましたね!とても美味しそうです。
わらびなんて、もうずい分食べていません・・・
写真で、ごちそうさま!させていただきました。

chavinha さんのコメント...

GIRAS+SOLさん、
せっかく備忘録書いたのに、「もう送ってこないと思うよ」っと夫。なっ!何を言ったのか?やんわりと拒否したらしいのですが。
わらびはさすがにポルトガルにはなさそうですね。

mika さんのコメント...

液状化だなんておもしろすぎ!!

わらび、とってもおいしそう♪

Tchau さんのコメント...

山菜の下ごしらえ、やったことないです・・・。夫実家から送られてきた堀立てのたけのこを茹でたのも一回きりでして(汗)自らやろうとはなかなか思いませんよね。お疲れ様でした!

chavinha さんのコメント...

お返事遅くなりました・・・
mikaさん、
わらび、気合入れて作りましたよ。食べることには熱心ですが、作るのは食べることほど熱心ではないので、もう少しでだめにするところでした。山菜の料理は苦手です。

Tchauさん、
山菜の下ごしらえ、できることならしたくないです(笑)めずらし物好きの私のために、送ってくれたのはなかなかポイントついているのですが、面倒なことは嫌いなのです。たけのこも食べるのは大好きだけど、面倒くさい。しばし売場で買うか悩んだけど、「高い」ということを理由にして、買いませんでした。